シミがあると、肌がくすんで見え、5~10歳老けて見えると言われています。「もう隠すしかない…」とあきらめないで、正しいお手入れをして明るくクリアな肌を目指しましょう。

肌がきれいな女性たち
  • ホーム
  • 同じように見えるシミとそばかすの違いとは

同じように見えるシミとそばかすの違いとは

顔を洗っている女性

顔にできる茶色の色素沈着に、悩んでいる方は少なくありません。
色素沈着には「シミ」と「そばかす」がありますが、これらの肌トラブルは同じものと思っている方も多いのではないでしょうか。

実は似ているこの2つの肌トラブルは、できる原因に違いがあるのです。
まずシミですが、これは紫外線によるダメージが大きな原因となり起こります。
紫外線を浴びると肌を守ろうとして、メラニン色素が作られますが、このメラニン色素が沈着してしまうと、シミとなってしまうのです。
長年、紫外線を浴びた事で起こる為、「老人性色素班」とも言われます。

また紫外線だけでなく、間違ったスキンケアや肌に合わない化粧品を使用した事で、肌が炎症を起こしシミとなるケースも少なくありません。

一方、シミと同じように感じるそばかすは、体質で起こる肌トラブルです。
「雀卵斑」とも言われ、子供の頃からできやすいと言われています。
遺伝的に紫外線に弱い肌質だと、そうで無い方と同じ紫外線量を浴びても、色素沈着が起こります。
一般的にそばかすは鼻を中心に左右の頬に対称にして、細かい茶色の色素沈着ができる点が特徴です。
顔だけでなくデコルテ部分にも、そばかすはできやすいようです。

このように同じように見える肌トラブルには、原因に違いがあります。
ですので、対処法や改善法にも違いがあると言えるでしょう。

ですが、どちらも紫外線を浴びる事により、起こりやすい肌トラブルです。
できるだけシミやそばかすを作らない為には、日頃から日焼け止めを塗るなどして、紫外線対策をしっかり行う事が大切です。
特にそばかすの場合、遺伝によりできやすい体質となっているので、小さなころから紫外線対策を重点的に行う事をお勧めします。

関連記事